体型カバー水着2018

体型カバー水着2018!おしゃれで可愛い洋服みたいなデザインが旬

 

2018年の体型カバー水着では、洋服みたいなデザインのおしゃれで可愛い水着が増加中!

 

タウンウェアとしてそのまま街で着られるような水着もあるのが特徴です。

 

手持ちの水着と組み合わせて、すぐに体型カバーできるパーカーやガウンもあります。

 

花柄タンキニ ワンピース水着3点セット

 

花柄ワンピース水着

 

胸、お腹まわり、お尻から太ももまで隠せるワンピースが付いた水着3点セット。

 

下半身全体の体型カバーに使いたい時は、ワンピースは、腰にだけ巻き付けて、ロングパレオのようにして着こなすことも出来ます。

 

ノンワイヤーの胸パット入りタンキニも丈が長めなので、自然にお腹を隠すことが出来ます。

 

サイズ展開も豊富で、バスト80cmを中心にした5号、7号、9号から、大きいサイズでは、バスト85cmを超えにも対応する11号、13号、15号まであります。

 

水着の上から羽織って、腕やお腹を隠せるガウン

 

ボタニカル柄レースガウン

 

手持ちの水着の上から羽織って、すぐに体型カバーできるボタニカル柄のレースガウン。

 

タウンウェアとしてそのまま街で着られるような水着もあるのが特徴です。

 

ナチュラルに、二の腕もカバーできる半袖丈。

 

透け感が可愛い白のほかに、大人っぽい色合いのネイビーもあります。

 

海外旅行にもおすすめ!水に濡れても大丈夫なパーカー

 

ジル・スチュアート 長袖パーカー

 

少しエレガントなテイストの大人可愛い服のデザインが20代〜30代に人気のブランド、ジル・スチュアート(JILLSTUART)が、新作で投入してきた水に濡れても大丈夫なパーカー。

 

フードには、暗くなると光る「ジル・スチュアートのロゴ」が施してあります。

 

水に濡れても大丈夫な上、長袖なので、日差しの強い海外のビーチウェアにもおすすめ。

 

ちょっとした小物も入るポケット付きです。

 

洋服みたいなデザインのボーダー柄ワンピース

 

洋服みたいなデザインのボーダー柄ワンピース

 

洋服みたいな見た目ながらも、水着素材で作られたボーダー柄のワンピース。

 

2018年のレディース水着では、背中のデザインにこだわりのある「バックシャン」が流行ってますが、このワンピース水着も、後ろでの紐の結び方次第で、リボンにしたり、クロスにしたり、と、バックシャンデザインにすることが出来ます。

 

前から見れば、細ピッチボーダーのミニ丈ワンピースみたいな感じなので、海辺のリゾート地などでは、ショッピングにも着ていけます。

 

Tシャツ、ショートパンツとタンキニにセット水着

 

タンキニ、ビキニ、Tシャツ、ショートパンツの4点セットビキニ

 

10代〜20代の体型カバー水着で人気なのが、タンキニ、ビキニと、Tシャツとショートパンツがセットになった4点セット水着です。

 

Tシャツとパンツは、自然に体型カバーできるゆったりシルエットがトレンド。

 

タンクトップタイプのタンキニは、ホルターネックでストラップが太く、お腹が完全に隠れるくらいの長い丈が人気です。

 

40代〜50代もOK!大人も着れるマキシワンピース

 

40代〜50代もOKのアロハ柄マキシワンピース

 

40代〜50代の大人の女性が、体型カバーするなら、少し派手めなデザインのマキシワンピースもおすすめです。

 

紫外線カット効果があり、水陸両用の水着素材で作った花柄マキシワンピから、ヴィンテージのアロハ柄っぽいデザインのものまで、年々、バリエーションも豊かになって来ています。

 

膝下まである長い丈で、洋服みたいに着れるので、シニア向けの体型カバー水着としても使えます。

 

ママの体型カバー水着なら、このアイテムが基本

 

ママの体型カバー水着

 

おしゃれで可愛い水着も着たいけど、日焼けもしたくないし、隠すところは隠したい。

 

そんなママのための体型カバー水着は、基本の4アイテムに、行く場所によって、小物をプラスしていくと、おしゃれに着回せます。

 

まず、買うべきなのは、脇肉をしっかりカバーできるキャミ風トップスと、ぽっこりお腹をカバー出来るハイウエストショーツ。

 

さらに、日焼け防止で、上から着られるパーカータイプのラッシュガードと、ビキニの上からはくショーパン。

 

二の腕のムッチリが気になる人には、ラッシュガードも、余裕のあるシルエットのドルマン袖がおすすめです。

 

基本的には、水に入らない時に着ることが多いと思いますが、上も下も、どちらも、水にも、そのまま入れる素材を選んでおくと安心。

 

水着の上から着るアイテムは、海水浴やプールで使えるラッシュガードのほかに、リゾートっぽいお出かけ先で使えるおしゃれなワンピースも用意しておくと、着こなしのバリエーションが広がります。

 

急なお出かけで、急いで水着が欲しい人は、即日発送で送ってくれる体型カバー水着 の紹介もあるので、そちらの方をチェックして下さいね。

 

 

お悩み別 おすすめの体型カバー水着

 

寸胴体型だったり、胸が小さかったり、お腹や二の腕が気になったり…。

 

体の部位のお悩み別に、おすすめの「体型カバー水着」をピックアップしました。

 

コンプレックスが合っても、逆にそれを活かして、可愛く見せる水着を選ぶことが出来れば、恥ずかしがることなく、脱いでも、堂々としていられます。

 

ずんどうの人向けの体型カバー水着

 

コルセットベルト付きワンピース水着

 

ウエストにくびれがなく、寸胴体型の人にピッタリなのが、コルセットタイプのベルトが付いたワンピース水着。

 

ウエストベルトは、ファッションでも流行中ですよね。

 

Lily Brown (リリーブラウン)のベルト付きワンピのように、フロントレースアップデザインなら、くびれが無いのを感じさせずに、おしゃれ見せることが出来ます。

 

太いベルトで、高めの位置に、ウエストマークをすれば、脚を長く見せるスタイルアップ効果も狙えます。

 

胸が小さい人向けの体型カバー水着

 

ホルターネックフリル付きビキニ

 

胸が小さい人は、ワイヤービキニで盛る人も多いと思いますが、サイズが合っていないと、隙間にパッドを入れたりしないといけないし、常に、バレる心配もあります。

 

そこで、おすすめなのは、パッドを入れなくても、飾りでボリュームアップできるフリルビキニ。

 

2018年のdazzlin(ダズリン)の新作水着のように、ホルターネックで、胸を持ち上げるデザインなら、少し上の位置に、寄せて上げることも出来ます。

 

小胸の人は、上と下で色を変えたり、ブラは無地、ショーツは柄、みたいにして、視線をそらす作戦もおすすめです。

 

ぽっこりお腹が気になる人向けの体型カバー水着

 

シャーリング縁取りギンガムチェックビキニ

 

下っ腹のお肉のぽっちゃりが気になる人に、おすすめの水着は、お腹を隠せるハイウエスト水着。

 

さらに、lilLilly (リルリリー)の新作水着のように、シャーリング加工されているものなら、下腹部を、おさえ込みながら、可愛く見せることが出来ます。

 

体型カバー水着では、白と黒のギンガムチェック柄がよく使われますが、フリルデザインなら、パステルカラーのギンガムチェックもおすすめです。

 

ガッチリ体型に似合う水着

 

リボンオフショルダーバンドゥビキニ

 

ガッチリ体型の人は、引き締めカラーの黒の水着がおすすめ。

 

布の面積が多いオフショルダーやワンショルダー水着も流行ってますが、どちらかと言うと、ミニマムな水着を堂々と着こなした方が男ウケします。

 

例えば、三愛水着楽園の新作では、二の腕をリボンで隠せるタイプのバンドゥビキニの新作が登場。

 

パンツの上は、フリル付きのシャーリングで覆われているので、露出度高めでも安定感があります。